oo○番外編 「弟子日記」  Vol.01|Vol.02|Vol.03|Vol.04|Vol.05|Vol.06|Vol.07|Vol.08|Vol.09|Vol.10|Vol.11

Vol.05「雨宿り」
雨宿り してみた。
  僕は いつもだいたい傘は持ってる方だ。
鞄の中には 折りたたみ傘が二本も入ってる。けっこう完璧主義の僕だが そんな自分がたまらなく嫌になる。いつもと違う事がしたくて カバンの傘も開かず、雨宿り。 
都会では 街にはアーケードがあったり コンビニが有ったり ドラッグストアーが有ったり。
時間は 充分に潰せる。
何も無い 歩道橋の下で 雨宿り。
いつもは 一瞬で 通り過ぎる街並も 今日は違って見える。
色々な人が行き交う 都会の駅前。
夕方から突然降りだした雨なのに しっかり傘を持っている人。
折りたたみの傘をカバンから出す人。
タオルを頭の上に置き 歩きだす人。
とりあえず 持っていた日傘を差す人。
小走りに走り出す人。
色々な人 人 人。
たくさんの人。やっぱり大阪は 都会だなー
反対車線では学生がワイワイガヤガヤ。
オシロイ花のムラサキが無機質な都会に色付けて咲き始めた。
歩道と車道の間から無理矢理伸びた雑草が 緑色を増して 久々の雨に左右に身体を揺らして喜んでいる。
雲の隙間から少し青空が顔を出した。
ほら やっぱり 止んだじゃない。
サア、 一歩一歩 歩き始めよう。